えっ!こんな方法あるんだ!

冷蔵庫を処分する方法!|こんな方法あるんだ!

冷蔵庫
  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

の4つの家電は「家電4品目」と呼ばれるもので、勝手に捨てると罰せられます。

まずは、冷蔵庫をリサイクル法に沿って処分する方法を紹介します。

家電リサイクル法による処分

経済産業省の紹介ビデオ

リサイクル料金例

リサイクル料金例

支払う費用

収集・運搬料金(各小売業者が設定)+ リサイクル料金

料金は、https://www.rkc.aeha.or.jp/ でご確認ください

回収方法を確認

店舗などのイラスト

【同品目の新しい製品に買い替える場合】

新しい製品を購入するお店に引取りを依頼しましょう。

お店ごとで引取り方法が異なるため、お店にお問合せください。

【買替えではなく処分のみの場合】

処分する製品を購入したお店に引取りを依頼しましょう。

お店ごとで引取り方法が異なるため、お店にお問合せください。

購入したお店がどこであったか分からない場合などは、

お住いの市区町村の案内する方法によって処分します。

市区町村ごとで方法が異なりますので、市区町村のホームページ等で確認しましょう。

また、上記のほかにも、郵便局振込方式で料金を支払い、

指定引取場所に直接持ち込む方法などもあります。

なお、事業所(会社)で使用していた家電4品目(家庭用機器)の

引取りについては、処分する家電4品目を「購入した」又は「買替えする」

お店に引取りを依頼するという点は同じですが、

それ以外の場合の扱いについては、こちらの資料を参照してください。

火災保険一括見積もり依頼サイト

回収してもらう

リサイクル券画像

引取りを依頼した場合、指定された回収日時に回収業者

(引取りを行うお店やその委託を受けた事業者など)が訪問します。

回収してもらうには「家電リサイクル券」に必要事項を記入しなければなりません

(回収時、または店頭での記入)。

回収業者への引渡し時に、家電リサイクル券の控えを渡されます。

この控えを用いて、お店や家電リサイクル券センターのホームページで

リサイクル状況を確認することができます。

処分方法、その②

リサイクルショップに引き取ってもらう方法です。

新しいものですと、買い取ってもらえる場合もあります。

ただ、あまり古いものだと、逆に費用を取られる恐れがあります。

その様な場合は、「処分方法、その③」があります。

処分方法、その③

オークションサイトの「メルカリ」、「PayPayフリマ」、「ラクマ」、

「ヤフオク」などで処分する方法です。

しかしこれらは、多くの場合、配送で取引しなければなりません。

そこで、手数料無料で個人間で取引ができ、手渡しが原則の地元の掲示板

ジモティー」をおすすめします。

ジモティー

地元の掲示板だからすぐに見つかる!

地元情報が満載だから、欲しいものがすぐに見つかります。

登録料・手数料はすべて無料!

個人・法人共に無料です。
手数料や、掲載料など一切かかりません。

チャットで簡単取引!

お相手とのやりとりはチャットで簡単に取引ができます。

なので、これを使用します。方法は下記のとおりです。

投稿は無料でおこなえます。
  • 「投稿画面へ(無料)」ボタンをクリックします。
  • 「カテゴリー」を「売ります・買います」-「家電」-「その他」にします。
  • 「取引場所1」を入力します。
  • 「取引場所2」を入力します。
  • 「タイトル」を入力します。「冷蔵庫あげます・・・等」
  • 「内容」を入力します。「冷蔵庫」は重たいので、「取りに来て下さる方」等の条件を付けるとよいと思います。(※自宅の場所を知られてしまうので注意)
  • 「価格」 を入力します。0円にすると早く処分ができる可能性が高くなります。
  • 「画像」を入力します。きれいに撮りましょう。
(尚、基本掲載は無料ですが、目立たせるオプションの購入のみ有料です。)
投稿した後は問合せがくるまで待ちましょう。
(チャットまたは入力いただいたメールに届きます。)
受け渡し場所、支払い方法は相談して決めてください。
 受け取り場所が自宅の場合はチャットで自宅の場所を伝えましょう。
 支払いが0円の場合は、勿論、料金はもらえません。
(※決済や補償機能はありません。)
新規の問い合わせを受付終了する場合は、投稿を終了状態に変えてください。
(※ログイン後のマイページ内で操作出来ます。)

不動産査定

「無許可」の業者に注意!

「無許可」の業者とは

  • 街中を大音量で巡回
  • 空き地で回収
  • チラシを配布
  • インターネットで広告

などで無料回収をうたう業者の中には、廃棄物の収集や処分を「無許可」で行う業者がいます。

必要な「許可」とはお住まいの自治体の「一般廃棄物処理業」や委託です。

「無許可」の業者に引き渡すと、 法を守った適正な処理の確認が出来ません。 不法投棄、不適正処理、不適正な管理 による火災などの事例が報告されています!

不法投棄

写真:不法投棄無許可の廃棄物回収業者によって回収された廃家電や粗大ごみが、不法投棄された事例が報告されています。

不適正処理

写真:不適正処理環境対策を行わずに廃家電を破壊することで、フロンガスや鉛などの有害物質が環境中に放出されます。

不適正な管理

写真:不適正な管理廃家電は電池やプラスチックを含む場合もあるため、発火・延焼の危険性があり、不適正な管理による火災が発生しています。

「高額請求トラブル」も発生

高額料金請求の消費者トラブルのイラスト

はじめは「無料」と言っていたのに、荷物を積み込んだ後に「全てが無料ではない」と高額の請求をしてくる。そんな悪質な業者とのトラブルも発生しています。 正しいリサイクルで環境だけではなく、自分の身も守りましょう。

 

コメント