えっ!こんな方法あるんだ!

たった3分でFXをマスターする方法!考えるのは2つだけだったんです!|こんな方法あるんだ!

FX投資

知っていますか?FXは難しいというイメージはありませんか?

FXで予想するのは、

実は、取引する通貨に対して、円高になるのか円安になるのか予想するだけなんです。

予想が当たれば利益が得られます。

 

FXの特徴とは

FXには、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、

以下のような特徴があります。

  • 多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になりますが、FXでは逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能です。(「売りから入る取引が可能になります)。
    つまり、簡単に言えば、円高になるか、円安になるかを予想していけばよいという事です。
  • また、日本円しか持っていなくても、預託した資金は、あくまで証拠金という取引の担保の為、取引で損失を出しても、日本円 (JPY) から決済通貨に交換の上、損失相当額を支払うだけである為(利益の場合、利益相当額の決済通貨を受け取る)、「米ドル (USD) を売ってユーロ (EUR) を買う」といった取引も可能です。
    つまり、日本円で取引できるという事です。
  • レバレッジというものを利用することによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。ただし、
    証拠金以上の損失を受けることもあるのでリスクを承知の上で取引しましょう。
  • 株式現物取引とは異なり差金決済のため預託金拘束がありませんので、
    同一通貨を何回でも取引できます。

まずは、FX口座をつくりましょう

まずは、FX口座数『国内第1位』※のDMMFXの口座を作りましょう。

DMMFXの口座を作ると、ハイグレードなアプリがインストールできます。

それをみながら、予想していきましょう。

そして、最初は少額を試していきましょう。

※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

1.FX業界最狭水準のスプレッド

「全20通貨ペア」

2.初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心

「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

4.安心安全の『全額信託保全』導入済み

「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

5.業界初!『時事通信社』ニュース配信

充実の為替情報でFX取引の参考に

20000円キャッシュバックキャンペーン

DMM FXが初心者に選ばれる4つの理由

抜群の操作性。豊富な取引ツール 初心者からデイトレーダーまで好評の充実取引ツールを取り揃え

人気のテクニカル指標も多数搭載

20000円キャッシュバックキャンペーン

取引コスト業界最安水準 業界最狭水準スプレッド

20000円キャッシュバックキャンペーン

手数料が掛からないから初めての方でも安心。取引手数料/口座維持手数料/ロスカット手数料/出金手数料/口座開設手数料/クイック入金手数料がすべて0円

20000円キャッシュバックキャンペーン

FXの取引でポイントが貯まる。新規お取引毎にポイント還元!貯めたポイントは「1ポイント=1円」で手軽に現金化

20000円キャッシュバックキャンペーン

1ポイント1円で現金に交換可能

新規お取引毎にポイント付与

ポイントランクでポイント最大3倍

20000円キャッシュバックキャンペーン

質の高い最新ニュースをお取引の指標に。 業界初!時事通信社の経済ニュースを無料提供

20000円キャッシュバックキャンペーン

安心・安全の完全信託保全

20000円キャッシュバックキャンペーン

24時間安心サポート

営業日24時間お電話やメールでのお問い合わせを対応! 0120-961-522

 

20000円キャッシュバックキャンペーン

 

主なリスクについて

以下のようなリスクが指摘されています。

相場変動リスク

為替レートの変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合があります。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあります。また、2015年1月15日のスイスフラン絡みの取引のように急激な変動による本来の想定されるロスカットの値段を大幅に超す値段でのロスカット処理が行わなわれ、2016年6月23日のイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票の結果、スターリング・ポンドの急激な変動は、損失が預託した証拠金を超え、投機家が破産に至るケースもありました。

流動性リスク

外国為替は1日約300兆円取引されていますが、短期間に大量の注文を出した際は、希望した金額で取引が成立しないリスクがあります。又、経済指標の発表時や、要人の発表などによる流動性の低下により、相応にスプレッドが拡大することがあります。

システムリスク

インターネットなどのシステムを通じて取引を行う際のリスクです。つまり、取引業者によっては、毎朝、スワップポイントをつけるタイミングで、メンテナンスを行う取引業者があります。そして、その際、その時間帯に、損切りの逆指値も自動ロスカットの処理も行わない取引業者があります。そのため、その時間帯に巨額の損失が発生する可能性がある。場合によっては、自動ロスカットが効かなかったため、追証となることもあります。このような取引業者でデイトレード以外を行う場合は注意が必要である。取引業者のサーバダウン、回線のトラブル、停電等で思う様に取引ができないリスクがあります。

信用リスク

業者が破綻などをすれば顧客も損失を被るおそれがあります。例えば、顧客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしていない業者の場合、たとえ分別管理されていても、業者が破産手続を行った場合、破産法上の一般破産債権に分類される危険性に晒され、破綻した際には預託していた証拠金がまともに戻ることは期待できません。エフエックス札幌という業者では、顧客が持っているポジションが強制清算されて、かつ証拠金が返金されない事態が発生しています。業者によって証拠金の(保全)管理方法が異なるので、約款などで確認する必要があます。また、一部分の信託保全か100%信託保全かどうか、どこの銀行に信託保全しているかも確認する必要があます。また、イニシア・スター証券では、使い込みによる違法な信託保全すべき資金の不足が発生した事例もあり、信託保全方式は結局のところ業者のモラルに頼っているところが大きい。又、国内において業者の支払不能対策保険契約の対策を行っている業者は確認されてなく、証券会社業界や商品取引員業界に存在する業界の投資家保護基金がありません。また、業者が破綻せずとも、当該FXサービスから撤退・サービス提供を中止することがあります。この場合、投資家が未決済ポジションの決済を迫られることがあります。

コメント